不眠症の原因

不眠症の原因は5つあると言われており、これらの原因を取り除くことが改善に繋がると言われています。

その5つの原因を紹介します。

睡眠環境に問題あり!?生理学的不眠

環境変わって眠れない男旅行先など枕や布団が変わったことでいつも通り眠れなくなる、といった経験をしたことはありませんか?

このようにちょっとした環境の変化によって睡眠の質は変わってきます。

就寝する時間や寝室の光量、周囲の騒音、室内の温度などの睡眠環境が原因であれば「生理学的不眠」と言います。

ストレスによる心理学的不眠

患者の多くはこの「心理学的不眠」が原因と言われています。

職場や家庭などの人間関係、仕事や勉強、家事などに対する精神的負担がストレスとなり、脳を興奮状態にすることでも引き起こします。

このような精神的な負担はうつ病の原因にもなるため、ストレスや不安の解消をすることが重要になります。

就寝前のコーヒーやタバコが原因による薬学的不眠

コーヒーに含まれるカフェインやタバコに含まれるニコチンには睡眠を妨げる覚醒作用があります。

仕事や勉強中の眠気覚ましにコーヒーを飲むことが多くありますが、睡眠前であれば逆効果となるので就寝前の摂取には注意が必要です。

寝付きが良くなる、という理由から就寝前にお酒を飲まれる方は多くいますがこれも逆効果です。

一時的に眠たくなるもののアルコールを分解するために身体は活動を続けるため、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」の原因になる可能性があります。

このように特定の物質が原因の場合は「薬学的不眠」と呼びます。

病気の症状が原因の身体的疾患による不眠

病気が原因で不眠に抱えている病気の症状によって引き起こされるケースを「身体的疾患による不眠」と呼びます。

具体的には胃潰瘍や逆流性食道炎などによる痛みや嘔吐感、狭心症や心不全など心臓疾患の発作、アレルギーによる咳や喉の痛み、皮膚疾患による肌に痛みや痒み、などが挙げられます。

「身体的疾患による不眠」に関しては原因となっている病気を治療することが改善策になります。

精神疾患による不眠

うつ病や統合失調症などの精神疾患の症状によって引き起こされるケースを「精神疾患による不眠」と呼びます。

うつ病患者の約9割は眠れないや眠りが浅いなどの睡眠障害が現れています。

不眠と精神疾患の両方を発症している場合の大半は精神疾患が原因と言われています。

逆に眠れなくなることでストレスが溜まり精神疾患を発症するケースもあります。

両方の症状が現れた場合は先に精神疾患を治療することが重要になります。

以上のような不眠の原因を知ることで予防や改善に役立て、よりよい睡眠を取れるように心がけましょう。