不眠症の4大症状

なかなか眠れない入眠障害

眠れない不安不眠症の患者の中でも患者数が多いのがこの入眠障害です。

布団に入ってから1時間以上眠れない日が多々あり、その症状が1ヶ月以上続いている場合は入眠障害と判断される事が一般的です。

入眠障害の特徴は寝るまでの時間は長いが1度眠ると朝までぐっすり眠れる、という点です。

しかし、個人差もありますが症状が重たい方は連日2~3時間経っても眠れない、ということもあります。

他の症状と比べ若い層の割合が多いのも特徴の1つです。入眠障害は肉体的なものではなく、精神的なことが原因で起こりやすいからだと考えられています。

この症状の怖い所は眠れないことが続くことで、「今日も眠れなかったら…」「今日こそはぐっすり寝て明日に備えないと…」と不安に思うことで精神的負担が増し、症状が更に悪化するという悪循環です。

夜中に何度も起きてしまう中途覚醒

眠れなくて飲む極度の緊張や心配事、旅行の際に同じような症状を体験した、というのは誰にでもあるのではないでしょうか。

一過性のものであれば気にする必要はありませんが、その症状が1ヶ月以上続くと中途覚醒と判断され、日常生活に悪影響を与える可能性があります。就寝前の飲酒や食事などが原因となっています。

不眠症の中でも高齢者の割合が多く、60歳以上の5人に1人は中途覚醒の症状を訴えているというデータもあります。

これは加齢により睡眠そのものが浅くなっているために目が覚めやすくなっていると考えられます。

この症状の怖い所は何か別の病気により中途覚醒が起こっている可能性がある、ということです。

予定よりも早く起きてしまう早朝覚醒

予定していた時間より2時間も早く目が覚めてしまい、その後に眠れなくなる、という症状が1週間の間に2回以上、1ヶ月以上その症状が続いている場合は早朝覚醒の可能性が高いです。

早く起きてしまった分、日中に眠たくなり日常生活に支障をきたすようであれば早急に生活習慣の改善、又は睡眠薬の導入を検討することをおすすめします。

寝た気がしない熟眠障害

寝た気がしない状態一見すると睡眠時間も十分にとっている、寝付きも悪くなく、夜中に何度も目が覚めるようなこともない。

しかし、寝起きが悪い、疲労感が残っている、という症状も不眠症の1つで熟眠障害と言われています。

他の症状に比べ患者数は少ないとされていますが、軽度の熟眠障害は入眠障害よりも多というアンケート結果も出ています。

原因はノンレム睡眠と呼ばれる、脳の働きも休んでいる状態の睡眠の量が関係しています。

このノンレム睡眠が何らかの原因で減ってしまうと疲労感が残り、熟睡感が薄れるというわけです。

睡眠薬を服用しても睡眠の質をコントロールする事はできないため、根本的な改善は難しいと言われています。

生活習慣の改善やサプリメントを活用することをおすすめします。