睡眠薬をよく知り、正しく使おう

睡眠薬のイメージ

睡眠薬を飲む睡眠薬と聞いたら、どういったものをイメージするでしょうか?

飲んだらバタンとすぐ寝てしまうようなお薬、自殺の際に大量に飲む薬、眠れない人が日常的に飲むお薬、など色々あると思いますが「なんだか怖い」と真っ先に考える方も多いのではないでしょうか?

何故、睡眠薬=怖いというイメージがあるのでしょうか。

それは1904年に睡眠薬として販売が開始された、バルビツール酸系睡眠薬の副作用が広まり浸透してしまったからだと考えられます。

バルビツール酸系の睡眠薬は現在では麻酔などで使われる以外、処方されることはほとんどありませんが、強い睡眠効果と副作用を持っていました。

脳の活動を強制的に抑えることで睡眠薬としては高い効果と即効性を持ち、レム睡眠を大幅に抑制することから夢を見ることなく朝を迎えることができたため、悪夢による不安や不眠に対しても高い効果を持っていました。

その反面、副作用も強く、眠気やふらつきが翌朝以降も残るので機械の操作や車の運転などは非常に危険とされていました。

依存性も高く、服用量を誤ると呼吸抑制に陥り命を落とすこともあったことから、ネガティブなイメージが浸透していると考えられています。

睡眠薬は今も危険?

バルビツール酸系睡眠薬はその危険性の高さから処方されることが減り、1960年からはベンゾジアゼピン系睡眠薬が登場し、今は更に新しいタイプの睡眠薬の開発が進み、副作用や依存性も大きく改善されています、安全性も格段に向上しています。

以上のように、今の睡眠薬は怖い薬ではなくなりました。

不眠症改善の強い味方となるため、必要以上に怯えずに賢く睡眠薬を使っていきましょう。

睡眠薬を購入するには?

スマホサイトを見る女性一般的な方法は病院に通院し処方してもらうことです。

不眠症の診察のために最初は病院に行かれる方が多いでしょうから、その際に処方してもらう事が多いです。

しかし、処方される睡眠薬は1度に30日分が最大とされていますが、最初の方は1~2週間で出されることがほとんどです。

その理由は医師も最初は患者さん自身のことや症状に関してはまだ把握しきれていない部分があるためです。

長く通院することで信頼関係や病状の把握ができている、という状態であれば処方される量が増えることもあります。

しかし、心療内科に通っているところをあまり見られたくない、通院代が高い、など病院に行くことそのものが負担になるケースもあります。

そんな場合は通販の個人輸入代行サイトを利用する、という手もあります。

国内であれば処方箋が必要な睡眠薬も処方箋が無くても簡単に購入できます。

ただし、購入と服用は自己責任となるため、しっかりと購入前と服用前にお薬のことを知っておく必要があります。

睡眠薬の服用に関して

睡眠薬を服用するタイミングですが、基本的には就寝予定の10~30分前に服用するのが良いです。

特に催眠効果が現われるのが早いタイプはわずか1時間でお薬の血中濃度が最大になります。その時間を過ぎるとお薬の効果が徐々に薄れてくるので、服用後はすぐ眠れるように布団に入っておきましょう。

睡眠薬の副作用にふらつきや脱力などがあるため、その状態で動きまわることは怪我の原因になるので注意が必要です。

また、食後の服用の控えた方が良いでしょう。胃に食べ物が残っているとお薬の吸収が悪くなり、十分な効果を発揮できない可能性があります。

睡眠薬とアルコールの悪い相乗効果

睡眠薬には「飲酒を避ける」といった内容の注意書きが記載されていることが多いです。

アルコールと併用すると催眠効果と副作用が強くなるだけで、睡眠の質は下がってしまうためです。睡眠薬の服用期間中は飲酒を控えましょう。

「どうしても!」という場合はアルコールを含まないノンアルコールビールを飲むことをおすすめします。