睡眠薬を大量に飲むとどうなる?どれくらい危険?

一昔前の睡眠薬は…

睡眠薬を飲む

睡眠薬を大量に服用するとどうなるでしょうか?

多くの方は「死ぬ」と思っていることでしょう。もちろん、睡眠薬を致死量相当、もしくは致死量を超える量を服用すれば死ぬ可能性はあります。
しかし、死亡する可能性は非常に低いです。

一昔前に流通していた睡眠薬であれば、大量に服用すると死亡する可能性は高いです。
当時、睡眠薬を大量に服用して自殺をする方も居るほどでしたので、かなり問題にもなりました。
しかし、命の危険性があることから睡眠薬は改良を重ね、現在流通している睡眠薬というのは、大量に服用しても命に関わることはありません。

よって「致死量」というものはありません。

現代の睡眠薬では

睡眠障害を解決する薬・錠剤

病院で処方してもらう睡眠薬はもちろん、ドラッグストアや薬局で手に入れることができる睡眠薬(睡眠改善薬)はより一層死ぬ可能性が低いです。

というのも、誰でも購入することのできる市販の睡眠改善薬というのは、有効成分が少量しか配合されていませんし、大量に服用しても健康に影響を与えるような成分はありません。
よって、誰でも好きなだけ購入することができます。

市販の睡眠薬は、大量に服用することは可能ですが苦痛しか感じません。
命を落とすようなことはありませんが、適量を超えて服用すれば体に何らかの副作用が現れる恐れがあります。

そのため、大量に服用するようなことは避けましょう。

睡眠薬の大量服用によって引き起こされるコト

病気が原因で不眠に

では、病院で処方される睡眠薬を大量に服用した場合、どうなるのでしょうか?

病院で処方されるような睡眠薬は、市販の薬に比べて成分が強く、作用も出やすいです。
しかし、こちらも大量に服用したとしても命を落とすようなことはありません。
また、病院では1ヶ月分までしか処方してもらえませんし、多くの病院は規定量が1ヶ月分ですが2週間分ほどしか処方してくれません。
さらに、大量に服用できないように吐き気を催す成分が配合されています。

よって、大量に服用することは非常に困難なのです。

また、もしも何らかの方法で睡眠薬を大量に手に入れることができ、服用したとしても死ぬのではなく、後遺症で苦しむこととなるでしょう。
どのような後遺症が残るかは個人差があると思いますが、手足を自由に動かせなくなって車椅子の生活になる、記憶障害が起こる、思うように言葉を話すことができなくなるというような症状が残ると考えられます。

そして何より、周囲の人へ迷惑をかけることとなります。
心配されることはもちろんですし、金銭面でも迷惑をかけることでしょう。
入院費、検査費用、治療費…恐らく、思っている以上に負担をかけることとなるでしょう。

こういった恐れがあるため、例え過度の不眠症に悩んでいたとしても一度に大量の睡眠薬を服用することは絶対にやめましょう。

睡眠薬をもっと知りたい!

睡眠薬

症状に合わせた睡眠薬選びが重要。その種類を知ろう。

メカニズム

睡眠薬ってどんなお薬?その効果とメカニズムについて

薬を飲む

睡眠薬の効果が副作用に?正しい睡眠薬の飲み方について

スマートフォン

通販で購入できるオススメの睡眠薬とサプリメント4選

市販薬

市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではない?

市販薬

睡眠薬を大量に飲むとどうなる?どれくらい危険?

商品ごとの特徴をもっと知りたい!

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

ルネスタジェネリック

ルネスタジェネリックのことをもっと知りたい

メラトニン

メラトニンのことをもっと知りたい

ハルシオン

ハルシオンのことをもっと知りたい

マイスリー

マイスリーのことをもっと知りたい