不眠症や時差ボケに対して改善効果を持つメラトニン

メラトニンというのは睡眠に大きく関わる物質ですが、そうした物質に作用して睡眠効果を得る睡眠薬があります。

現在では個人輸入代行を利用すればメラトニンというサプリも手に入ります。

睡眠に関するお悩みを抱えている方に適しています。

メラトニンの基本情報

melatonin-1

メラトニンというのはインドの製薬会社であるアリストファーマという会社が開発した睡眠導入剤です。

メラトニンというのは脳内で分泌される物質の名前でもあり、服用することによって体内の睡眠周期をコトロールし、催眠効果が得られます。

海外ではメラトニンという成分はサプリメントとして販売されていますが日本ではメラトニンをサプリに配合して販売することは禁止されています。

    そのため、メラトニンサプリメントを購入したい場合には、個人輸入代行を利用する必要があります。

現在の日本ではメラトニンの需要が多く、サプリメントではなく医薬品として販売されるようになりました。

武田薬品から販売されているロゼレムという商品がメラトニンのお薬となります。

処方箋薬となりますので、病院で診察を受けなければ入手できないようになっています。

メラトニンに含まれる有効成分

okusuri

睡眠導入剤のサプリメントや医薬品の有効成分として、メラトニンがあります。

メラトニンというのはホルモンの一種で、年齢を重ねるとともにメラトニンの分泌量が低下してきます。

主に体内時計をコントロールしてくれますが、その他にも幅広い効果があります。

    メラトニンを服用することで期待できる効果とは、不眠症の他にも、免疫力向上、抗酸化作用、性欲増幅などの効果が挙げられます。

よって、睡眠に悩みを抱えている方だけではなく、健康的な体を作りたいと考えている方に適した成分です。

メラトニンの正しい飲み方

  • メラトニンサプリメントは1錠3㎎です。
  • 寝る前に1~3錠を服用します。

体調や症状に応じて適宜服用量を調節する必要がありますが、初めて服用するという場合には少量ずつ服用するようにしましょう。

基本的には水やぬるま湯と一緒に服用しますが、水なしの服用でも問題ありません。

メラトニンの副作用

メラトニンの副作用はほとんどないと言われていますが、人によっては副作用を感じることもあります。

起こりうる副作用には、頭痛、抑うつ、低血圧などが挙げられます。

また、抗うつ剤や高精神疾患薬などを服用している方はメラトニンの血漿中濃度が高くなる恐れがあるので、サプリメントと位置づけられていても服用は禁止されています。

睡眠薬をもっと知りたい!

睡眠薬

症状に合わせた睡眠薬選びが重要。その種類を知ろう。

メカニズム

睡眠薬ってどんなお薬?その効果とメカニズムについて

薬を飲む

睡眠薬の効果が副作用に?正しい睡眠薬の飲み方について

スマートフォン

通販で購入できるオススメの睡眠薬とサプリメント4選

市販薬

市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではない?

市販薬

睡眠薬を大量に飲むとどうなる?どれくらい危険?

商品ごとの特徴をもっと知りたい!

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

ルネスタジェネリック

ルネスタジェネリックのことをもっと知りたい

メラトニン

メラトニンのことをもっと知りたい

ハルシオン

ハルシオンのことをもっと知りたい

マイスリー

マイスリーのことをもっと知りたい