ルネスタジェネリックを買う前に知っておくこと

ルネスタジェネリックという薬は、不安な気持ちや緊張状態を緩和して寝付きを良くする作用があります。

現在では病院で処方してもらうだけではなく、通販でも購入することが可能です。

また、ジェネリックもあり昨今ではこちらが主流になりつつあるようです。

ルネスタジェネリックの基本情報

fulnite2

ルネスタというのは、エーザイという日本の製薬会社が開発した不眠症治療のお薬です。

現在では様々な不眠症治療薬が存在していますが、多くの薬は躁鬱や総合失調症による不眠は解消できません。

そして、このルネスタをもとにしたジェネリック医薬品も出ています。

それがルネスタジェネリックなのです。

ルネスタジェネリックは躁鬱や総合失調症といった症状を感じている方でも服用することができます。

    さらに、寝付けないタイプの方も途中で目が覚めてしまうタイプの方にも効果的なので、幅広い症状に適したお薬です。

ルネスタジェネリックは通販を利用すれば、とても手軽に購入することができますが初めは医療機関で診察を受けてから自分の症状と自分に合ったお薬を見つけた方が良いでしょう。

ルネスタジェネリックに含まれる有効成分

ルネスタジェネリックの有効成分は「エスゾピクロン」と呼ばれるものです。

神経を落ち着けて脳内をリラックスさせることで自然に眠気が訪れます。

また、アモバンという睡眠薬を改良して作られたお薬ということで、アモバンに比べると苦味が抑えられ、薬の持続時間が長いという特徴があります。

ルネスタジェネリックの正しい飲み方

睡眠薬を飲む

通常の成人であれば、1日1回就寝前に服用します。

ルネスタジェネリックは錠剤タイプで、1錠あたり2㎎です。

1日の服用限度は成人で3㎎ですが、高齢者の場合には2㎎と決められています。

また、体調や年齢に応じて1錠をピルカッターで分割して服用しましょう。

初めて服用するといった場合には、どれほどの効果が出るか判断できませんので少量ずつ試しましょう。

    ルネスタジェネリックは服用してから1時間程度で眠たくなり、効果も比較的長く続きます。そのため、必ず寝る前に服用するようにしましょう。

薬の作用が翌日まで残ってしまうことで日中眠気に襲われます。機械を操作される方や車の運転をされる方は控えましょう。

ルネスタジェネリックの副作用

ルネスタジェネリックは副作用が起こりにくいお薬ですが、個人差があります。主な副作用には、味覚異常、めまい、ふらつきなどがあります。

アルコールとの併用は副作用を強くしますので、必ず一緒に服用しないようにしてください。

    さらに、心臓、腎臓、肝臓に障害がある方は、作用が強く現れてしまう恐れがあるので服用できません。

副作用が起こりにくいお薬ではありますが、万が一強い症状が感じたという場合には、すぐに医師へ相談するようにしましょう。

睡眠薬をもっと知りたい!

睡眠薬

症状に合わせた睡眠薬選びが重要。その種類を知ろう。

メカニズム

睡眠薬ってどんなお薬?その効果とメカニズムについて

薬を飲む

睡眠薬の効果が副作用に?正しい睡眠薬の飲み方について

スマートフォン

通販で購入できるオススメの睡眠薬とサプリメント4選

市販薬

市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではない?

市販薬

睡眠薬を大量に飲むとどうなる?どれくらい危険?

商品ごとの特徴をもっと知りたい!

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

ルネスタジェネリック

ルネスタジェネリックのことをもっと知りたい

メラトニン

メラトニンのことをもっと知りたい

ハルシオン

ハルシオンのことをもっと知りたい

マイスリー

マイスリーのことをもっと知りたい