バスパージェネシックのことちゃんと知ってますか?

睡眠薬で処方されることの多いバスパーにはジェネリックがあります。

ジェネリックということで安価に手に入れることができますが、効果はバスパーと同じです。

ここでは、バスパージェネシックとはどんなお薬なのか、基本情報や服用方法など紹介しています。

バスパージェネシックの基本情報

buspon

バスパージェネリックというのは、Deva Holdingsという製薬会社で製造されているバスパーという睡眠薬のジェネリック医薬品になります。

こちらの睡眠薬は抗不安剤と呼ばれ、不眠症改善だけではなく、不安障害の治療やうつ病治療などにも使用されています。

ただし、現在日本国内では処方されていないお薬となりますので、購入する場合には個人輸入代行サービスを利用することとなります。

日本国内で処方されていないお薬なので、購入を検討している場合には、医師へ相談をしてから注文するようにしましょう。

バスパージェネシックに含まれる有効成分

okusuri2

バスパージェネリックの有効成分は「ブスピロン」と呼ばれるものです。

ブスピロンというのは、セラトニン神経系を刺激する作用があり、働きを活発にします。そうすることで、不安症状やうつ症状などを抑制することが可能です。

人間の脳内というのは、神経の伝達物質を安定させることで、快感や幸福感を得るドーパミン、ホルモンの一種であるノルアドレナリンの働きを高めます。

こうしたホルモンの分泌が増えることによって、不安、心配、うつ症状などの気持ちを軽減します。

また、こうした気持ちを軽減させることによって、気持ちが安定し、寝付けない症状も改善されます。

不眠症の症状で悩んでいる方の多くは不安や心配事などを感じており、こうした気持ちを取り除くだけでも寝付きは良くなります。

バスパージェネシックの正しい飲み方

okusuri

バスパージェネリックは5㎎の錠剤です。

不安症で悩む場合と不眠症で悩む場合には使用方法が若干変わります。

不安症で悩んでいるという場合には、1日2回服用します。1回あたり1~3錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。1回の服用量は最大で60㎎と決まっています。

また、不眠症で悩んでるという場合には、寝る前に1~3錠を水やぬるま湯で服用します。

バスパージェネシックの副作用

副作用には、頭痛、立ちくらみ、眠気などがあります。よって、バスパージェネリックは、必ず寝る前だけに服用するようにしましょう。

また、安定剤や抗うつ剤を日頃から服用しているという場合には、副作用が強くなりますのでバスパージェネリックの服用は禁止されています。

睡眠薬をもっと知りたい!

睡眠薬

症状に合わせた睡眠薬選びが重要。その種類を知ろう。

メカニズム

睡眠薬ってどんなお薬?その効果とメカニズムについて

薬を飲む

睡眠薬の効果が副作用に?正しい睡眠薬の飲み方について

スマートフォン

通販で購入できるオススメの睡眠薬とサプリメント4選

市販薬

市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではない?

市販薬

睡眠薬を大量に飲むとどうなる?どれくらい危険?

商品ごとの特徴をもっと知りたい!

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

ルネスタジェネリック

ルネスタジェネリックのことをもっと知りたい

メラトニン

メラトニンのことをもっと知りたい

ハルシオン

ハルシオンのことをもっと知りたい

マイスリー

マイスリーのことをもっと知りたい