不眠症について

不眠症とは?

不眠症不眠症とは睡眠障害の1つで主に「眠れない」「眠りが浅い」「夜中に何度も起きてしまう」などの症状があります。

誰もがこういった経験をしたことがあると思います。

ただし、睡眠不足により日常生活に支障が出ている場合に限り不眠症と判断されます。

不眠症と思われる症状が週3回以上、1ヶ月以上続いている場合も不眠症の可能性が非常に高いです。

睡眠時間が短いと不眠症と決めつけて悩んでしまう方がいますが、睡眠時間が短くとも日中の仕事など日常生活に悪影響が出ていなければ不眠症ではないので必要以上に気を使う必要はありません。

不眠症に悩む日本人

日本人のうち、5人に1人が不眠症に悩んでいると言われています。年齢層も幅広く高校生などの若年層も含んでいます。

年齢を重ねる毎に発症率が上がり、60歳以上の高齢者は3~4人に1人が不眠症ともいわれています。

日本の人口に対し、実際に心療内科などに通い睡眠薬を服用している人は3~5%と言われています。

睡眠に問題があるとは感じているが適切な治療を行っていない人が大半を占めています。

自分が不眠症と思っていない人はデータに含まれていないため、潜在的な不眠症患者を含めると、5人に1人以上の割合になる可能性も十分にあります。

そして、不眠症患者は今後も増え続けると考えられています。

代表的な不眠症の症状

不眠症には代表的な4つの症状があります。

  • 寝付くまでに時間がかかる「入眠障害」
  • 何度も夜中に目が覚める「中途覚醒」
  • 朝早くに目が覚め、以降眠れない「早朝覚醒」
  • 眠りが浅く、睡眠後も疲労があり眠った感じがしない「熟眠障害」

以上のように分類され、患者数が最も多いのは「入眠障害」と言われています。

何故、不眠症になるのか?

最初に述べたようにストレスも不眠症の原因の1つです。

他にも原因と考えられているものがいくつかあります。それらを紹介していきます。

  • 環境や身体が睡眠の準備ができていないため眠れない「生理学的不眠」
  • ストレスや不安など心理的な原因があり眠れない「心理学的不眠」
  • アルコールやタバコなど嗜好品が原因で眠れない「薬学的不眠」
  • 身体的・精神的な疾患が原因により眠れない「疾患による不眠」

以上の4点が不眠症に多い原因です。

これらの原因を取り除くことが不眠症の改善に繋がります。

要注意!不眠症になりやすい人

真面目な人不眠症になりやすい性格があると言われています。それは「繊細」「真面目」「責任感が強い」「完璧・潔癖主義」な人たちです。

仕事や人間関係でストレスを溜めやすく、次の日に大事な仕事などがあると「明日は大事な日だから、早く寝ないと…!」と考え、その結果、神経が刺激されかえって眠りにくくなってしまいます。

怒りっぽい人も危険です。

日中に激しく怒ったり興奮したりすると就寝時間になっても交感神経が刺激されたままで眠りにつきにくくなるということもあるためです。

逆に適当で大雑把な人は不眠症になりにくいと言われています。

性格に近い部分はありますが嗜好や趣味による影響もあります。

コーヒーなどカフェインを含むものを良く食べたり、飲んだりする。

スポーツや格闘技が好きで見ることが多い方なども不眠症になりやすいと言えます。

カフェインやアドレナリンにより副交感神経が刺激され眠りにつきにくくなることがあるためです。

どの職業でもストレスは少なからずあり、不眠症のリスクは誰にでもあります。

しかし、不眠症になりやすいと言われている職業もあります。夜勤がある、又は夜勤と日勤が交互にある職業です。

代表的な職業は医師や看護師で人命を預かる仕事ということもあり、そのプレッシャーからストレスも溜まりやすいです。

デスクワークが主となる職業も不眠症になりやすいと言われています。

身体をあまり動かさずに頭を使うことが多いため、精神が疲弊しストレスが溜まりやすいことから不眠症を引き起こす可能性が高くなります。

不眠症を治そう

不眠症を治そうただ、睡眠不足によりお昼に眠たくなるということだけではなく、様々な健康被害を引き起こします。

高血圧や肝機能障害、うつ病などの症状が現れる場合があります。

更に高血圧は心筋梗塞や心不全、脳卒中という危険な病気に発展することもあるので、不眠症を放置しておくことは非常に危険です。

不眠症の治療には不眠の原因となっている生活習慣の改善と睡眠薬による治療が有効と言われています。

他には睡眠衛生指導や高照度光療法があります。

では、生活習慣の改善のために気をつける点というのはどのようなものでしょうか。

厚生労働省が推奨する実践が簡単で効果的な方法を3点抜粋し紹介します。

  • 1. 就寝、起床時間を一定にする
  • 2. 起きたら太陽の光を浴びる
  • 3. 寝る前にリラックスする

3つともそれほど難しいことではありません。

3に関しては音楽や読書、ぬるめのお風呂に浸かることなどが不眠症に対し効果的なリラックスに繋がります。

しかし「飲酒」によるリラックスは逆効果となるため気をつけましょう。

飲酒時は酔っているとすぐ眠ることが多いため、一見、不眠症対策になりそうですが、就寝後すぐに起きることが多く「中途覚醒」を引き起こすリスクがあります。

飲酒時の睡眠は浅く不眠症に対して良い効果をもたらすことは一切ありません。くれぐれもご注意下さい。

次に紹介するのは、生活習慣の改善と併行、又はその後に行われることが多い睡眠薬などによる投薬治療です。

投薬治療では、睡眠薬を使用し睡眠をある程度コントロールすることで不眠症を改善します。

睡眠薬と聞けば、ドラマなどで自殺の際に使われるシーンがあるなど、良いイメージを持っていない人も多いかと思います。

確かに睡眠薬は正しく服用しないと、危険な副作用を招くことがあります。

しかし、それは睡眠薬に限らずどのお薬であっても同様です。

睡眠薬は正しく服用すれば怖いお薬ではなく不眠症を改善する強力な味方になってくれます。
こういった睡眠薬は病院で処方してもらうか、インターネットから通販で購入するかの大きく2つの方法で購入することができます。

不眠症を克服し、再発防止に努めよう

睡眠障害を解決する薬・錠剤生活習慣の改善や投薬治療により、不眠症の症状が治まってきたといっても、まだ油断はできません。

特に睡眠薬は医師と相談の上、減薬などのスケジュールを決めていきましょう。

個人の判断で服用を中止することは危険です。

再発を防ぐためには、睡眠に対しての考え方を変えることが有効です。

「早く寝ないと!」とかえって眠れなくなってしまうので、「1日徹夜したところで死にはしない!大丈夫!」というくらいの気持ちでいることがリラックスに繋がります。

仮に眠れなかったとしても、身体を横にしているだけでもある程度の休息は取れているため、必要以上に不安に思わないことです。

最後に生活習慣の改善を継続し「より質の高い睡眠」を取るようにしましょう。

就寝、起床、食事の時間を同じ時間にする、寝る前にPCやスマホなどの強めの光を見ないようにする、などできそうなことから実践していきましょう。

ルネスタジェネリックの口コミ

30代男性130代男性
トイレに行きたいわけもないのに夜中に何回も目が覚めてしまうせいで睡眠不足気味の生活を数ヶ月続けていました。

最初は疲れとかストレスが溜まっているせいかな?ストレスそういったと軽く考えていましたが、症状が治まらなかったので妻に相談すると「それ、不眠症じゃない?」と言われました。
そこで睡眠薬がネットでも簡単に買えると聞いたので試しに頼んで飲んでみたところ、スーーっと眠れるようになりました。
今は睡眠不足による体調不良とも無縁になり本当に良かったです。

40代女性140代女性
私は翌日に心配事や楽しみなことがあると、緊張したり、気持ちが昂ぶってなかなか寝付けない、寝たとしても2~3時間ですぐに目が覚めてしまうということが多くありました。

不眠症で病院に行っていることを会社や友人にもあまり知られたくなかったので、ダメ元でこのルネスタジェネリックをネットから購入して飲んでみました。
今でも多少眠れない時などはありますがそれでも以前と比べて快眠できるようになりました!もっと早く買っておけば良かったと後悔しています。

ルネスタジェネリックを購入する

バスパー・ジェネリックの口コミ

30代女性130代女性
私はベッドに入ってもいつも30分以上は眠ることが出来ず、不安を持っていました。

特に次の日が大事なプレゼンなど大きな仕事がある際は気がつけば朝方まで寝付けなかった・・・ということが多々ありました。
色々調べてみて、このバスパー・ジェネリックの事を知り、試しに飲んでみたら怖いくらいすぐに眠れるようになりました。
翌日に少しふらつくはありますが、眠れないことに比べると選択の余地なしです。

40代男性140代男性
20代の頃はそうでもなかったのですが、40代になって寝つきが悪くなったと感じることが増えました。

よく考えると若い頃は深酒していることが多く、酔いつぶれて寝ていたことが多かったから気にしたことがなかったのかな、と気が付きました。

最初は睡眠薬を飲むことに抵抗がありましたが、依存性はないということでしたので、試しで飲んでみたら予想以上によく眠れ、起きた後も変なことはなかったので今でも飲み続けています。

バスパー・ジェネリックを購入する

不眠症をもっと知りたい!